このブログを検索

2017年7月21日金曜日

暑中お見舞い申し上げます

いやあ~~暑いですね、、、
体調を崩されてはいませんか?



高校時代、熱血な先生に
「暑いって言うから暑いんだ!『暑い』は禁句!」と怒鳴られ
それでも「暑い」と言いそうになり「あっ…たか~~い!」と
言い直していた、しょうもない記憶が蜃気楼のように蘇ってきました、、、


通勤時、駅から編集部までの道のりだけで汗ダラダラな毎日です。
皆様も、ちょっと外に出るだけと油断せず、帽子や日傘で直射日光を避けて
水分をしっかりとってくださいね。
室内にいるときも、ですね!





さて先月 募集を開始してから続々と応募作品が届いております
光明兼光本店 Tekizami 全国俳句大会」。
豪華選者~有馬朗人「天為」主宰、坪内稔典「船団」代表、中村猛虎「亜流里」代表~が
みなさまの句をお待ちしています!

締切は8月31日(木)必着です。
詳しくは先月のブログ、またはそろそろ発売の俳句界8月号(P.275)をご覧くださいね。

光明兼光本店 Tekizami 全国俳句大会の応募用紙は
「俳句界」7月号、8月号、9月号の巻末についています!
応募用紙のコピーは不可ですのでお気をつけくださいね。






また8月号では、年末の大特集に向けてのアンケートも募集しています。
平成が終わろうとする今、「あなたが選ぶ平成の名句」(仮)と題して
平成に活躍した俳人を振り返ります。

みなさまの声とともに、12月号の特集を創り上げていきたいと思っています。
ぜひぜひ、ご協力くださいね。
締切は9月15日(金)消印有効。
詳しくは8月号(P.274)をご覧ください。



8月号は夏らしい表紙絵が目印です。(画/本誌:小﨑 侃、別冊:長尾 眞)
ではでは暑さ厳しき折、ご自愛くださいませ!

2017年7月14日金曜日

取材日記

加藤です。
知らない人とエレベーターで一緒になると思わず「暑いですね」と
話しかけたくなる季節になってきました。
日傘をさすのが何となく自分のキャラクターに合わない気がして、
これまでさしていなかったのですが、さすがに直射日光で倒れそうになるので
来週から日傘女子になろうと思っています。

さて、一週間ローテーションでブログを書くようになったので、
その間、取材でいろいろなところに行ってきました。
いつも先生方からいろいろな話を聞いて、勉強になります。

********************************

6月16日(金)には、「麦」前会長の綾野南志先生の卒寿を祝う会へ
行ってきました。詳細はぜひ8月号のNEWSをご覧ください。


綾野南志前主宰と、奥様の道江さんです。
お二人の息の合った挨拶がとても素敵で、こんな夫婦になりたいと
心が温かくなりました。


卒寿を迎えた南志先生に、奥様からメッセージが。


「麦」の温かい雰囲気が伝わってくる会でした。


新会長に就任された、対馬康子先生。
爽やかな色のお着物がとても素敵でした。

***********************************

8月号「私の一冊」の抜井諒一さんのグラビア撮影へ。
場所は東京、八丁堀です。


遠いので分かりにくいと思いますが…奥に見えるのはスカイツリー。
この場所は、観光客がよく撮影するスポットなのだそう。


目を開けるのもつらいほど暑い日でした。
抜井さんはなんと身長180センチ!
きっと私より暑かったと思います。

**********************************

9月号「私の一冊」の撮影で、今度は埼玉県川口市へ。
山本健吉評論賞を受賞された、松苗秀隆先生の撮影です。


かつて吉永小百合さんが主人公の「キューポラのある街」という映画がありました。
キューポラとは鉄の溶解炉のこと。
川口は、鋳物の街なのです。


川口駅西口の公園には、鉄のオブジェや像がたくさんありました。

********************************

それぞれ、ぜひ本誌の記事をぜひ読んでください。
それではまた!





2017年7月11日火曜日

次の甘口のゲストは…

こんにちは、松本です。
日が空いてしまってすみません。

先月末は、毎月恒例の佐高信対談に取材に行ってきました。
今回のゲストは、ジャーナリストの大谷昭宏さん。
すでに出て頂いたとばかり思っていましたが、今回が初めてでした。

お話はもちろん、今の政治の在り方を中心に展開。
お二人は、生まれが1945年。
出生者より死者が多かった唯一の年です。
そんな終戦の年生まれとして、先輩から次代へバトンを渡す重要な年代だと位置づけておられます。
「あの世で先輩に、何をやっていたんだ」と怒られないようにしたい、と大谷さん。

とても印象的な言葉の数々でした。ぜひご覧ください。





















お忙しい中時間を作って頂き、ありがとうございました。
9月号掲載ですので、お楽しみに!